理事長のご挨拶

社会福祉法人真心の会が、ご利用者様、ご家族様をはじめ地域の皆様のご支援により、9年目を迎えることができましたこと、改めて深くお礼申し上げます。

今般、父が地域への恩返しの気持ちを込めてすすめた介護事業を引き継ぎ、理事長に就任させていただきました。介護に携わってまだ13年目の若輩者ですが、当法人の理事、職員とともに精進していく所存です。

実は、もともとの社業は、南洋真珠の養殖と販売です。業種としては両極端にあるような仕事ですが、共通するのは。『人の手(思い)』です。真珠を育みジュエリーに仕上げるまでには3,000回以上もの工程で人の手が必要になります。そして、ジュエリーは、買う人の、贈る人の、あるいは贈られる人の、それぞれに大切な思いが込められて、その後の人生を共に過ごします。

この真心の会も、とても大切な人生の時間を私たちと共に過ごすことを選んでくださった皆様に感謝し、親身に寄り添えるような、また地域の皆様にいつも頼りにしていただけるような、そんな手を持ったチームでありたいと願っています。今後とも当法人、職員一同をよろしくお願い申し上げます。

                        社会福祉法人 真心の会  理事長 濱口真理子